会社案内

会社案内

会社概要

朝日プリンテックは、朝日新聞社100%出資の新聞印刷会社です。1997年8月、川崎に設立され、2006年4月、本社を築地へ移転しました。2010年4月、朝日東京プリンテック、朝日大阪プリンテック、朝日北九州プリンテックと合併し、現社名の朝日プリンテックに変更しました。そして、2011年4月、日刊オフセット(大阪)とも一つになり、現在は築地工場、世田谷生産技術実験所、川崎工場、船橋工場、名古屋工場、堺工場、阪神工場、北九州工場、福岡工場の9工場を抱えています。首都圏、中京圏、大阪圏、北九州圏で朝日新聞を中心に印刷しています。

各工場は、輪転機を操作して新聞の印刷・梱包を受け持つ製作グループ、輪転機をはじめ、各種生産設備の保守整備や改善、更新、設備管理や折衝業務を行う技術グループ、印刷部数・工程・輸送など、工場の新聞印刷に関わるすべてのデータを処理・管理する管制グループなどがあります。

本社にある技術センターは、新聞印刷技術に関する研究開発、教育訓練および品質管理等に関する支援業務、新聞印刷各社に対するコンサルティング業務などを行っています。併せて印刷学校「プリンティング・アカデミー」を開催し、年間のカリキュラムを組んで社員教育も行っています。

新聞印刷の品質を競う国際コンテストINCQC(国際新聞カラー品質クラブ)では、2008年度に築地工場が上位50社に選ばれ、アジア・メディア・アワードでは金賞を受賞しました。そして2010年度は川崎工場が世界第2位を受賞、2012年度は堺工場で世界第1位チャンピオン及びアジア地域から選ばれるアジア・メディア・アワードで再度金賞を受賞し、朝日プリンテックの新聞印刷技術が世界品質であることを証明しました。

環境問題も業界に先駆けて取り組んでいます。9工場すべてで国際環境規格ISO14001の認証を取得しています。

従業員:
688名 (2016年4月現在)
資本金:
1億円
印刷物:
朝日新聞、読売新聞、日刊スポーツ、朝日小学生新聞、
日本農業新聞、日刊工業新聞など

組織図はこちら >>

お問い合わせ(本社) お問い合わせフォーム アクセスMAPはこちら
このページの先頭へ