新聞印刷工場見学

新聞印刷工場見学

名古屋工場見学者 感想

名古屋工場見学者 感想
名古屋商工会議所 紙・印刷部会様

名古屋商工会議所 紙・印刷部会様

見学者数<35名>

名前、感想
W・S 広告制作の会社に勤務していますが、普段私が行っている仕事の、その後、どのように新聞が製作されているかを見学でき、大変勉強になりました。
K・O 取り上げられた事件、物事の詳しい説明、学生のころに新聞を読もうと思っても、敷居が高くて、あきらめてしまう場面が多い。内容説明だけでなく、『学生版』のようなものがあればいいのではと思う。
M・K 現在はページ数が少ない為、気になりませんが、目次を付けて頂けると読みやすいと思う事がありました。チラシが業種別に分かれていると見やすいと思う。
かみはん 以前よりも情報を簡単に手に入れることができる現在、新聞には、インターネットか、電子書籍等には掲載されない希少な情報を掲載してほしいと思います。
M・I 新聞は最新の情報をわかりやすく、スピーディーに伝えるものだと思っています。また、興味を持てるような写真の挿入や、文字体を導入することで、読んでみたいという意欲をわき立たせてほしいです。
A・S わかい人達が新聞を買わなくなってきていると思います。そういった人達が買いたい!と思える新聞を作っていってほしいと思います。
D・Y 活字文化を守って下さい。共にがんばりましょう。
A・H 大きな輪転機を複数保持されている工場を見させて頂ける貴重なお時間を頂き、有難うございました。工場見学の記念新聞もいだだけて、又、号外もいただけて嬉しく思いました。
R・Y 情報を受け取るだけなら、ネットなどの方が早いので、何か新聞独自の魅力を作っていけば、このまま購読率も維持できると思う。
F・O 毎日あたり前のように家に届いている新聞ができるまでを、もっと多くの人に、このような機会を通して伝えていって下さい。新聞にもデジタル化の流れが大きく関わってくると思いますが、文字の大きさや、表現方法など、新聞でしか伝えられないことは、まだまだあると思います。
A・M 輪転機を見るのは初めてだったので、非常に勉強になりました。
Y・H 見学をして、現場に人が全然いないのに驚き、また、機械の精密さに驚きました。到着した時に撮った写真が、帰りには新聞みたいな形になって頂けるのは、とてもいい思い出です。
丸善 新聞は、最もポピュラーな紙媒体だと思います。デジタル化が進む中、紙の良さを見い出し、もり上げていければ、印刷会社としても幸いかなと思います。
K 新聞がものすごい速さで印刷されているのを見て、驚きました。朝刊を作るのは、色んな人のおかげだということが、よくわかりました。
K・M 勉強になりました。
アナログ活字をもっと広める事に頑張って下さい。
Y 正しい情報を知らせていただきたいです。紙媒体として一番速い情報を下さる新聞だからこそ、何をとりあげ広めるか、自らの影響力を自覚していただきたいです。
T 説明が丁寧で分かりやすかったです。クーポン券とかが、たくさんついているとうれしいです。
H 最新の情報を読みやすく、分かりやすい内容で、毎日楽しんで読んでます。
N・Y ISOの取得など、うらやましい部分が多くみられましたので、私たちも負けないようにがんばっていきたいと思います。
Y・T 正確な情報と、他のメディアでは伝えられぬ市民の声を求める。
T・H 社説のページをふやして欲しい。若者の新聞バナレがいわれており、若者にも読まれる紙面構成を。
S・M 4色ページが増え、ビジュアル化が進んできているが、今後の紙面のビジュアル面での進化を期待したい。分かり易さ、連続性の利点がある様に思う。
N やはりデイリーの情報源であり、デジタル媒体より情報を吸収しやすく、今後も必要不可欠なもの。ただ、今後、新聞に求められるものは多く、メディアとコラボ等の作が必要だろう。
貴重な経験をさせて頂き、ありがとうございました。
お問い合わせ(本社) お問い合わせフォーム アクセスMAPはこちら
このページの先頭へ