新聞印刷工場見学

新聞印刷工場見学

名古屋工場見学者 感想

名古屋工場見学者 感想
鈴鹿市立天名小学校5年生

鈴鹿市立天名小学校5年生

名前、感想
コピーきはうるさくないけど、新聞のいんさつがうるさい。ボールペンがもらえてうれしかった。 <質問> エレベーターは荷物を運ぶために大きいのですか?
Answer 荷物を運ぶためと、見学に来てくださったみなさんに乗っていただけるように大きくしてあります。
A・Y テレビで見る工場では、音楽のかかる機械なんてないけど、安全を考えて音楽をならしているからすごいと思いました。朝から夜までずっと仕事をしてくれているから、いい新聞になると聞いたら、とてもうれしいと思います。
I・K ぼくたちがねているときに、ちょうかんをくばっているのをきいて、ねむいのにやっているのでびっくりしました。あと機械のところにいったら、おとがうるさかったです。
K・K 朝日プリンテックでは、いろんな「ビックリ」がありました!!そこでしか見られない、ちょーレアものも★ 新聞をいんさつするしくみいがいにも、はたらく人たちの工夫などがわかって本当にうれしかったです。名古屋ドームと同じ大きさということや、インキは、たった4色だけとか、めっちゃおどろきました!ところで、新聞って、だれがいつ発明(?)したんですか?またおしえて下さい。朝日プリンテックは、勉強じゃないみたいにたのしく学べました!
Answer 朝日新聞は、約130年前に大阪で初めて発行されました。
M・M 毎日よなかにみんなのためにつくっていったり、カラーをつけたりして、たいへんで、ほんとうにびっくりしました。しんぶんの紙があんなにいっぱいあってこんなにつかえるのかなと思いました。き色、赤色、青のしんぶんもあるのだと、はじめて見てとてもびっくりした。朝日プリンテックでは、さまざまな物もあって、とてもいいべんきょうになりました。とてもたのしかったし、また行きたいです。
A・K AGVがメリーさんのひつじの音楽がながれていてびっくりしたし、人が前にいたらとまるしくみになっていたのですごかった。カラーは最初に黒、青、赤、黄のじゅんばんでつくられているのがわかった。新聞がどうやってつくられているのかしらなかったけど、わかってよかった。朝日新聞が朝早くとどくから、朝日新聞と名前がそう言う理由でなったのがわかってよかった。
M・T 新聞のカラー印刷がたった4色でできていてすごいと思った。新聞は最初のうちはきたなかったり、すじがついていてびっくりした。 <質問> インクはきれたらどうするんですか
Answer インクは、きれる前にインクの会社からとどけてもらって、大きなタンクに入っています。きれることはありません。
M・Y 新聞をつくるときの、色の三げん色で色々なきれいな色もつくることができるのがわかってよかった。それは家のパソコンといっしょだと思った。紙を運ぶきかいもおもしろかったです。
S・K 新聞づくりが、ほぼ自動で行なっているとは知らなかった。さっぱんも、青くなっていたので、え?と思ったけど、薬を使っているとしって以外でした。せいじやスポーツなど、どのような記事がよくとどきますか?
Answer 新聞記者の人たちが、毎日たくさんの取材をして、記事を書いています。せいじやスポーツはもちろん、いろいろな方面の記事が、たくさんとどきます。
I・K 新聞にのる色は、4種類あるのをしってよかった。新聞になる紙は。1トンなんてすごいとおもいました。その1トンの紙をはこぶきかいはすごかった。しかもおんがくがなっていてすごかった。
A・O 色の三げん色で、あんなにきれいになるのがふしぎだった。機械の音は、おおきかったから耳せんしていてもあたりまえだと思った。
初めて、新聞せい作工場の見学が初めてだから、すごく楽しみでした。じっさいに作っている所を見て、びっくりしました。新聞をつくるのが、こんなにてまがかかるとは知りませんでした。りんてん機のうるささには、びっくりしました。また、見学をさせてください。
I・E まき取り紙を運ぶきかいで、音楽がなっていて、その音がメリーさんのひつじというきょくでびっくりした。まき取り紙の重さが1tでびっくりした。仕事をしている人は、耳せんをしてびっくりした。きかいが3だんになっていてすごいなと思いました。
S・R ロボットがあんな重いものをもちあげるのがすごいとおもいました。またいきたいです。
Y・Y 紙の長さ(まきとり紙)が長くてびっくりしました。あんなカラーの色も黒・青・赤・黄でできていて、びっくりしました。質問ですが、大体トラック1台には、何部ほどの新聞がつまれているのですか?また、その新聞は、いくつぐらいの販売店に届けられているのですか。
Answer 配送のトラックは、行き先によって運ぶ部数がちがうので、数はさまざまです。工場からは、約600の販売店に、朝刊はトラック90台、夕刊はトラック60台で届けられています。
I・K AGVにメリーさんのひつじがながれていた。新聞はあんなふうにつくられていると知らなかったので、すごく勉強になりました。機械は、普通1階だけぐらいしかないと思ったけど、3階もあるとは知りませんでした。新聞に色をつける時、黒、青、赤、黄の順番で色をぬったらあんなにきれいになるとは思いませんでした。
お問い合わせ(本社) お問い合わせフォーム アクセスMAPはこちら
このページの先頭へ