新聞印刷工場見学

新聞印刷工場見学

名古屋工場見学者 感想

名古屋工場見学者 感想
有限会社  フジマキ様

有限会社  フジマキ様

名前、感想
M・S 色が重なるとカラー写真の様に写るというのは、とてもビックリしました。色分けはどうやっているのか?色間違いはないのか?微妙な色合いはどの様に分けているのか疑問に思いました。
  
Answer
カラー印刷の色は、インキの量、配分が輪転機にコンピューターでセットされているので、スイッチを押せば色は出せます。しかし、色の見本により近い色を出すために、従業員が自分の目で見て、印刷された新聞を見本と見比べながら、色の微調整をボタンで行っています。
S・M 初めて、新聞のできる工程をみましたが、とてもすばらしく、もっと大勢の人達に見て頂きたいと思います。
新聞のできる工程が、大変参考になり良かったです。
K・O 他の工場を見学した事はありますが、実際工場内を拝見したのは初めてです。毎朝、各戸へ届ける新聞を、読者の皆様に愛読して頂くために頑張りたいと思います。
S・K 説明の中、これだけの設備、コストが掛かるのかと実感し、新聞ばなれの進んでいる中、減らしてはならないのではと思いました。大変です。
コンピューターの時代でしょうか?ニュースのあまりの早さにビックリです。やっぱり新聞屋さんのお仕事の大変さに感動しました。
E・F 中は、とてもきれいに整理されていて、早い動き、本当にびっくり致しました。何回ものこうていをへて出来、早いのもびっくりしました。本日はありがとうございました。
K・S ありがとう。
お問い合わせ(本社) お問い合わせフォーム アクセスMAPはこちら
このページの先頭へ