新聞印刷工場見学

新聞印刷工場見学

名古屋工場見学者 感想

名古屋工場見学者 感想
東海商業高等学校総合ビジネス科

東海商業高等学校総合ビジネス科

名前、感想
M・H 間近でたくさんの機械が見ることができて、とても感動しました。説明をしてくれた方や従業員さんがとても親切で見学しやすかったです。1部の新聞を作るのに、たくさんの作業をするわりに時間が少ないことにとても驚きました。新聞を読むとき、今日の見学でのことを思い出せたらいいなと思います。今日はありがとうございました。
M・S 初めて新聞が印刷されている所を見ました。普段ではあまり見ることができない機械や作業などを見れる事ができてよかったです。また、環境にやさしい大豆油のインクや損紙をリサイクルしたりと、環境に優しい事をしているという事が分かりました。
Y・I 今日、朝日プリンテック名古屋支社を見学して、毎日朝早くから届く新聞が刷版というアルミニウムに印刷されてから紙に印刷され、朝に45万部・夕方に15万部も作られている事に驚きました。私は全く新聞を読んでいないけど、新聞が家に届くまでの出来事を自分の目で見て、明日から新聞を広げて見てみようかなとと思わされる事も多く、新聞が出来るまでを見るのはとても楽しかったです。
Y・O 印刷をする時に、黒からぬるのがすごく不思議に思っていました。黒いインクを多く使っているからインクを付けかえやすいように下にあるというのも工夫されているなぁと思いました。刷版はつるつるしていたし、印刷する時に正字で普通に印刷できるのもすごいと思いました。環境問題への取り組みもしていて、リサイクルなど損紙をなるべく少なくしようとしていて、いろいろと考えられて新聞が作られていると知りました。500kgのインクの量も、16キロメートルの巻取り紙の長さもそうぞうがつかないほどのものでした。
M・K 本日は、きちょうな体験をさせていだだきありがとうございました。今までまったく知らなかった新聞の工程を知ることができ、とても勉強になりました。とくに刷版のことや、まきとり紙については、おどろくこともたくさんあり、楽しかったです。これから新聞を見るときは、今日学んだことや見たことを思い出して見たいと思います。ごみ箱まで頂いて本当にありがとうございました。機会があったら、次はぜひ自分の力でおきに入りのごみ箱を作ってみたいと思います。
N・T 普段何気なく読んでいる新聞ができあがるまでの工程がよく分かりました。色の三原色を使って新聞がきれいに色付けされていくことを知って、とてもびっくりしました。黒という1番濃い色が最初に印刷されていくのに、最後の黄色という薄い色まできれいに印刷されているので、すごい技法なんだと思いました。工場のすみずみまで見学して説明してもらうことができたので、とても良い勉強になりました。ありがとうございました。
S・K 新聞社に来たのは初めてだったので、とても新鮮でした。説明も詳しく間近でいろいろな機械が見れて感動しました。新聞のもととなる刷版やカラー印刷の3原色など、新聞をつくるのに色々な工夫がされているのだなぁと思いました。これから新聞を見るときは今日学んだことを思い出して、楽しく新聞を読みたいです。今日はお忙しい中ありがとうございました。
N・A 昨年に引き続きお世話になりありがとうございました。見学をさせて頂くたびに社員の方々の温かい心遣いに感謝しています。新聞が出来上がるまでの工程を分かりやすく説明して頂きありがとうございました。
お問い合わせ(本社) お問い合わせフォーム アクセスMAPはこちら
このページの先頭へ