新聞印刷工場見学

新聞印刷工場見学

名古屋工場見学者 感想

名古屋工場見学者 感想
生涯学習社会見学

生涯学習社会見学

名前、感想
A・A 日頃何も気にせずに読んでいた新聞も、今日見学させていただき、多勢の人々の努力で出来上っている事を知り感心致しました。本工場も昼夜を問わず3交代で新聞を作っている事を、改めて感服致します。
サウスポー カラー調節の難しさが分かりました。機械の新旧、温湿度、作業員の熟練度等がからみあっているようですね。
I もっと機械の音が大きくてにぎやかな所だと思っていたが、以外に静かだった。  工場の大きさにくらべて、働く人員が少ないのにはびっくり(オートメ化されていても、もう少し職員が多くいると思っていた)  見学したコース内では、余分な物は置いてなくて、すっきりした感じが見られた。
Y・Y 常に見学できない所を見せていただいたり、新聞についての今まで気が付かなかった細かい事も教えていただき、大変勉強になりました。
M・Y 新聞の持つ役割重要性を改めて感じつつ帰る事となりました。
浜松チャコ 本日は、歴史と伝統ある新聞社を見学出来、最新の技術を見させていただきましてありがとうございました。社員の皆様の説明も、とてもわかりやすく、楽しい時間をすごす事ができ感謝しております。
M・H 最新の技術により新聞が刷られている様子を見学し、目を見張りました。最後は人の手により仕上がるとの事、ぬくもりを感じました。
K・N 用紙のロールから自動にセットされ印刷の速さ、印刷されたものが各販売店毎に数量が自動で分けられ配送車に積み込まれて行く工程の様は驚きである。
T・O 高速オートメーション化された新聞作りを感心して拝見したが、4色による最後の調整はやはり人間の手により調整するとの事で、大変な手間をかけて出来る新聞である事を知った。これからは新聞を毎日見ているが、見方が違う事でしょう。
M・O 学生の頃(小学生だったかナ)新聞社を見学した記憶がありますが、現在はインクの臭いもあまり気にならず、殆んどが自動で印刷されており感動しました。毎日、新聞にはお世話になっているわけですが、今日の見学を機会に、又、異なった見方をするかと思います。
本日は見学有難うございました。時代のご意見番として原稿現場に期待致します。印刷工程は全て機械化されていて、大量印刷、スピード化には驚いてしまいました。現場の皆様、一般の日常生活時間とは異なった生活とのこと。お身体大切に・・・
R・N すごい設備と印刷技術を見学させてもらいビックリしました。編集・取材のスピードと正確さに感心しました。ありがとうございました。今後のご活躍・発展を期待しています。
Y・T 昭和の中期頃の事しか知らなかったので、現代のニュースの多い世の中、どの様なシステムで毎日刻々と移り変わり、時間に追いまくられているのに遅れる事なく報道されているのに感心していました。あの巨大な輪転機、それぞれの役目を果たすそれぞれの機械の頼もしさ、その間に無言で作業をしている従業員の誇らしい態度、本当にこれで大丈夫だという信頼感にあふれました。これからも宜しくお願い申し上げます。本日は本当に楽しませて頂きました。
T・S 驚き、ビックリ、昔々と全然違いに、インクの香りもなく出来る迄の早さ。
初めてみたのでびっくり感激致しました。ありがとうございました。
K いつも感心しております。見学させていただいて本当によかったです。
T・K 初めて見学させて頂きました。近代化された設備の中で短時間で出来上る新聞、取材から配達まで大変な仕事ですね。改めて大切に読みたいものだと思い直しました。
浜松のおばあちゃん 今日はありがとう御座居ました。初めての見学で新聞がこんなに短時間で仕上がるのにはびっくりしました。
M・K 父が読み、主人が愛読し・・・  私は産まれてからず~と朝日新聞なので、今日は楽しみにしていました。今は57才。毎日や読売とはちがい、朝日ならではの記事作りを期待しています。よろしくお願い致します。
H・T 何も知らずにただ読んでいましたが、裏方の大変さがよくわかりました。毎日皆さん御苦労様です。
S・K 新聞を作るのは、大変な事だと思いました。これからは、もっとしっかりとすみずみまで読まなければいけないと思いました。大変な仕事だと思います。頑張って下さい。
H・Y 上流(記事作成、編集)と下流(配送、配達)は人海作戦、中流(工場=印刷)はまさに装置産業(鉄鋼に近い)と云う事が良く解った。情報提供だけなら中流、下流のないテレビにかなわない。生き残る為の戦略は?
  
Answer
新聞の良いところ(いつでもどこでも好きな時に、好きな記事から読める、切り抜いたりして残しておける、戸別配達など)を生かし、メディアとも複合しながら続けていきたいと思います。
Y・Y 新聞を作るのに大変手間が掛かっていると思いました。もっと大事に読まなくては・・・。
I・Y 子供のころの記憶(約50年前)で新聞社を見学したような・・・。しかし、テクノロジーの進歩は目を見張るばかり。すばらしい一日をありがとうございました。
N・K 新聞印刷もアナログ思考で一字ずつ拾っている感覚でした。記事は送られてから10~20分でその記事が入るとのこと。素晴しいことです。工場には、ほとんど人がいませんでしたが、コンピューター制御されたロボットが働いていました。失業者数が増加している中、これ以上人手を増すわけにはいきませんね。
T・S 本日から新聞の見方が変わります。カラー、号、版、etc  知らない事がいっぱいありました。25年前に某新聞社の見学をさせていただいた事がありましたが、輪転機と搬送の方法は大きく変わっていませんでしたが、紙の搬送の自動化や印刷の方法が大きく変わっていたように思いました。ありがとうございました。
S・U 輪転機のスピードは昔よくテレビの画面でもみたのは早いと思っていました。他の仕事がすべてコンピュータで動かされているのは、やはり技術の優れている事に感動しました。紙の運び方はもちろん、トラックに積まれるまで細部に渡って、早く家庭に届けられるように気配りされていると思いました。特に印刷の時間の早さ、これでニュースが早く伝わっている事がよくわかりました。新聞を大切にします。
はまっこ できれば名古屋本社も見学したかった。昔の輪転機を見たかった。
E・S 工場内の無人化(コンピューター化)には目を見張るものが有りびっくりしました。
Fumiko 時速40Kで輪転機が動いている様子、速さにはびっくりしました。あまりの速さに機械が動いているのか止まっているのか、肉眼ではわからないほどでした。又、4色でいろいろないろができるとはまったく知りませんでした。絵のぐの原理も同じなのでしょうか。昔の新聞はたて書きが多かったのですが、最近は横書きが多いが読みやすいのでしょうか。レイアウトも工夫されています。4色で世界、日本の名画が復元できる技術にはとてもびっくりしました。説明も詳しくわかりやすいよい見学でした。ありがとうございます。
S・T 昭和24年の5月頃まで、大阪の小さな新聞で庶務で仕事をしていました。編集から工務局、広告部、販売部までで200名位の新聞社でした。写真製版の出来上りに一喜一憂した時代がなつかしく、今日の見学はいい勉強になりました。
Y・G 毎日手に取る新聞が、このようなスピードと自動化と巨大な機械から生まれるとは驚異でした。
お問い合わせ(本社) お問い合わせフォーム アクセスMAPはこちら
このページの先頭へ