新聞印刷工場見学

新聞印刷工場見学

新聞印刷Q&A

Q1.印刷(いんさつ)工場(こうじょう)での1(にち)仕事(しごと)(なが)れをおしえてください。

A1. 子供

朝日(あさひ)プリンテック(AP(エイピー))では、全国(ぜんこく)工場(こうじょう)がありますので、東京(とうきょう)築地(つきじ)にある工場(こうじょう)での(ながれ)(れい)()げます。

毎朝(まいあさ)朝日(あさひ)新聞(しんぶん)本社(ほんしゃ)より朝日(あさひ)新聞(しんぶん)印刷(いんさつ)するための、情報(じょうほう)(おく)られてきます。つまり注文(ちゅうもん)(はい)るということです。

内容(ないよう)は、朝日(あさひ)新聞(しんぶん)販売店(はんばいてん)ごとの部数(ぶすう)当日(とうじつ)新聞(しんぶん)頁数(ぺーじすう)カラー(からー)原稿(げんこう)何面(なんめん)掲載(けいさい)されるかなどです。

工場(こうじょう)では、毎朝(まいあさ)、その()使用(しよう)する大部分(だいぶぶん)新聞(しんぶん)用紙(ようし)納品(のうひん)されます。午前(ごぜん)10()工場(こうじょう)倉庫(そうこ)搬入(はんにゅう)(はじ)まり、同時(どうじ)倉庫(そうこ)では、夕刊(ゆうかん)使用(しよう)する新聞(しんぶん)用紙(ようし)準備(じゅんび)開始(かいし)されます。

印刷(いんさつ)部門(ぶもん)では、印刷機(いんさつき)梱包機(こんぽうき)夕刊用(ゆうかんよう)準備(じゅんび)します。

管理(かんり)部門(ぶもん)では、(おく)られてきた注文表(ちゅうもんひょう)から、夕刊(ゆうかん)印刷(いんさつ)部数(ぶすう)指示(しじ)紙面(しめん)内容(ないよう)登録(とうろく)開始(かいし)します。その()朝刊(ちょうかん)紙面(しめん)内容(ないよう)登録(とうろく)います(おこないます)

午前(ごぜん)11()30(ぷん)(ころ)から午後(ごご)3()(ごろ)まで夕刊(ゆうかん)印刷(いんさつ)(おこな)い、各新聞(かくしんぶん)販売店(はんばいてん)発送(はっそう)します。

夕刊(ゆうかん)印刷(いんさつ)()わった(あと)印刷機(いんさつき)発送機(はっそうき)などの機械(きかい)整備(せいび)(おこな)ったり、別刷べつずりほか新聞しんぶん印刷いんさつします。

午後(ごご)5()(ごろ)から、確定(かくてい)した注文(ちゅうもん)(もと)に、今度(こんど)は、朝刊(ちょうかん)発行(はっこう)する準備(じゅんび)(おこな)います。

午後(ごご)7()には、印刷機(いんさつき)梱包機(こんぽうき)準備(じゅんび)午後(ごご)9()には製品(せいひん)(はこ)ぶためのトラックが工場(こうじょう)(あつ)まります。

午後(ごご)9()(すぎ)から午前(ごぜん)3()(ごろ)まで地域(ちいき)(べつ)製品(せいひん)()()えて印刷(いんさつ)います(おこないます)

工場(こうじょう)ける(とどける)一番(いちばん)(とおい)地域(ちいき)販売店(はんばいてん)(ぶん)から(さき)印刷(いんさつ)開始(かいし)しますので、どの地域(ちいき)新聞(しんぶん)販売店(はんばいてん)にも午前(ごぜん)3()(すぎ)には製品(せいひん)到着(とうちゃく)します。

製品(せいひん)印刷(いんさつ)った(おわった)(あと)印刷機(いんさつき)()いたインキなどを洗浄(せんじょう)し、午前(ごぜん)4()(ごろ)1日(1にち)作業(さぎょう)終了(しゅうりょう)します。

このページの先頭へ

Q2.印刷(いんさつ)では(ひと)はどんな仕事(しごと)をするのでしょうか?

A2.

印刷機(いんさつき)はカラー印刷機(いんさつき)が2(だい)、モノクロ印刷機(いんさつき)が3(だい)()って()りたたむ機械(きかい)折機(おりき))が1(だい)合計(ごうけい)6(だい)構成(こうせい)されています。

全長(ぜんちょう)が24m、(たかさ)が11m、3(かい)()てビルと(おな)じくらいのきな(おおきな)印刷機(いんさつき)を3(にん)操作(そうさ)し、印刷(いんさつ)します。

準備(じゅんび)では、印刷機(いんさつき)新聞(しんぶん)用紙(ようし)(とお)し、注文(ちゅうもん)(どお)りの頁数(ぺーじすう)紙面(しめん)内容(ないよう)印刷(いんさつ)できるように準備(じゅんび)します。

印刷機

印刷(いんさつ)担当者(たんとうしゃ)は「正確(せいかく)に、(はや)く、綺麗(きれい)に」を目標(もくひょう)に、インキの()さや製品(せいひん)体裁(ていさい)(ととの)えるなどの操作(そうさ)と、製品(せいひん)(よご)れていないか、調整(ちょうせい)した(こさ)印刷(いんさつ)できているかを検品(けんぴん)しながら印刷(いんさつ)します。

検品(けんぴん)は、機械(きかい)でも(おこな)っていますので、2(じゅう)のチェックとなります。印刷(いんさつ)終了後(しゅうりょうご)機械(きかい)掃除(そうじ)(おこな)い、(つねに)綺麗(きれい)製品(せいひん)発行(はっこう)できるよう準備(じゅんび)しておきます。

印刷機(いんさつき)操作(そうさ)んど(ほとんど)自動化(じどうか)されていますが、(ひと)による操作(そうさ)がなくせないのも現実(げんじつ)です。

このページの先頭へ

Q3.機械(きかい)(こわ)れてしまった(とき)は、どうするのですか?

A3.

家庭(かてい)でも家電(かでん)()ばれる洗濯機(せんたくき)やテレビ(など)機械(きかい)故障(こしょう)することがありますね。

そんなときは、電器屋(でんきや)さんに(たの)んで修理(しゅうり)してもらうのが一般的(いっぱんてき)でしょうか。

(おお)きな印刷機(いんさつき)も、家電(かでん)(おな)じで機械(きかい)ですから故障(こしょう)するときもあります。

家電(かでん)(ちが)(ところ)は、工場(こうじょう)には(かなら)ず、機械(きかい)仕組(しく)みをよく()っている技術(ぎじゅつ)部門(ぶもん)があり、(こわ)れた部品(ぶひん)を、(あらかじ)準備(じゅんび)してある(あたら)しい部品(ぶひん)交換(こうかん)したり、調整(ちょうせい)(なお)故障(こしょう)は、自分(じぶん)たちで修理(しゅうり)するところです。

これに()てはまらない(おお)きな故障(こしょう)調整(ちょうせい)(かん)しては、メーカーの(ひと)()てもらい修理(しゅうり)してもらいます。

このページの先頭へ

Q4.印刷(いんさつ)にミスがあった(とき)はどうしますか?

A4. 作業風景

ミスに()づいたら、すぐに印刷機(いんさつき)()めます。ミスがあった(ぺーじ)修正(しゅうせい)(ただ)しい紙面(しめん)印刷(いんさつ)(なお)します。

ミスのあった製品(せいひん)回収(かいしゅう)します。工場(こうじょう)(なか)にある場合(ばあい)は、(すべ)回収(かいしゅう)破棄(はき)します。

工場(こうじょう)からトラックで発送(はっそう)されてしまった製品(せいひん)(かん)しては、トラックが販売店(はんばいてん)到着(とうちゃく)していない場合(ばあい)()(もど)して回収(かいしゅう)し、販売店(はんばいてん)()いてしまっている(とき)は、販売店(はんばいてん)(とり)()いてもらい、(あたら)しく製品(せいひん)(とど)け、()()えてもらいます。

判断(はんだん)(おく)れれば、それだけ(みな)さんの手元(てもと)(とど)時間(じかん)(おそ)くなりますので、工場(こうじょう)ではミスが()ないように努力(どりょく)していますが、ミスが()てしまった場合(ばあい)(かんが)えて、出来(でき)るだけミスを(はや)発見(はっけん)するように(つと)めています。

このページの先頭へ

Q5.印刷(いんさつ)仕上(しあ)がった(とき)気持(きも)ちは?

A5. 子供

印刷機(いんさつき)は、朝刊(ちょうかん)夕刊(ゆうかん)ともに1分間(ふんかん)最高(さいこう)1,500()印刷(いんさつ)します。

綺麗(きれい)印刷(いんさつ)できているか…(なに)間違い(まちがい)はないか…機械(きかい)異常(いじょう)はないか…作業(さぎょう)()たる(ひと)緊張(きんちょう)しています。

計画(けいかく)時間(じかん)(どお)りに()って、印刷機(いんさつき)停止(ていし)ボタンを()したときは、みんなホッとします。うれしい開放感(かいほうかん)(あじ)わっています。

自分(じぶん)()った新聞(しんぶん)が、読者(どくしゃ)(とど)きます。ニュースを提供(ていきょう)する役目(やくめ)()たし、(じゅう)実感(じつかん)一杯(いっぱい)になります。

このページの先頭へ

Q6.工場(こうじょう)規模(きぼ)はどのくらいですか?

A6. 工場

たち(わたしたち)会社(かいしゃ)は、全国(ぜんこく)に9の工場(こうじょう)があります。

神奈川県(かながわけん)川崎市(かわさきし)東京都(とうきょうと)世田谷区(せたがやく)中央区(ちゅうおうく)愛知県(あいちけん)北名古屋市(きたなごやし)大阪府おおさかふ堺市さかいし兵庫県ひょうごけん西宮市にしのみやし福岡県ふくおかけん北九州市きたきゅうしゅうし太宰府市だざいふしの9工場です。

川崎(かわさき)工場(こうじょう)具体的(ぐたいてき)(れい)として説明(せつめい)します。

川崎(かわさき)工場(こうじょう)敷地(しきち)面積(めんせき)15,524m²、建物(たてもの)延べ面積(のべめんせき)は18,857m²です。
また緑地(りょくち)全体(ぜんたい)(やく)26%(パーセント)の4,102m²あります。
朝夕刊(ちょうゆうかん)あわせて(やく)100万部(まんぶ)印刷(いんさつ)しています。

工場(こうじょう)(はたら)いている(ひと)朝日(あさひ)プリンテックの社員(しゃいん)が93(にん)協力(きょうりょく)会社(がいしゃ)社員(しゃいん)()わせると(やく)150(にん)います

輪転機(りんてんき)(ひる)(よる)(まわ)っていますから、このうち輪転機(りんてんき)操作(そうさ)する(ひと)技術(ぎじゅつ)部員(ぶいん)は2交代制(こうたいせい)いて(はたらいて)います。

このページの先頭へ

Q7.新聞(しんぶん)はなぜ四角(しかく)なのですか?(まるい)新聞(しんぶん)はできないのですか?

A7. 子供

(まる)新聞(しんぶん)ができたら面白(おもしろ)いですね。
でも新聞(しんぶん)はロール(じょう)巻取紙(まきとりし)使(つか)い、(もう)スピードで印刷(いんさつ)していきます。

(まる)(かみ)使用(しよう)すると印刷(いんさつ)スピードが(おそ)くなってしまいますし、(かみ)もロール(じょう)につながりません。

四角(しかく)(かみ)(まる)印刷(いんさつ)することはできますが、これだと余白(よはく)(おお)くなり(かみ)がもったいないですね。また、()みにくい新聞(しんぶん)になってしまいます。

印刷(いんさつ)するにも、()むにも、新聞(しんぶん)四角形(しかくけい)一番(いちばん)なのです。

このページの先頭へ

Q8.機械(きかい)(輪転機(りんてんき))は何台(なんだい)あるのですか?値段(ねだん)はいくらですか?

A8.

輪転機(りんてんき)()()わせは、2(だい)のカラー印刷機(いんさつき)と3(だい)のモノクロ(白黒(しろくろ)印刷機(いんさつき)(けい)5(だい)輪転機(りんてんき)と、印刷(いんさつ)した新聞(しんぶん)()って()りたたむ機械(きかい)折機(おりき))を1(くみ)として(つく)られています。

(わたし)たちはこれをセットと()んでいます。

築地(つきじ)工場(こうじょう)には4セットが設置(せっち)されていますので、それぞれカラー印刷機(いんさつき)が8(だい)とモノクロ印刷機(いんさつき)12(だい)合計(ごうけい)20(だい)印刷機(いんさつき)と4(だい)折機(おりき)があります。

1(だい)印刷機(いんさつき)で8ページの新聞(しんぶん)印刷(いんさつ)することができ、5(だい)つないで40ページ印刷(いんさつ)することができます。

また40ページの(なか)に16(ぺーじ)のカラー紙面(しめん)印刷(いんさつ)することができます。

印刷機(いんさつき)値段(ねだん)時代(じだい)によって()わってきましたが、1セットで(やく)10億円(10おくえん)単位(たんい)高価(こうか)なものです。大事(だいじ)(なが)使(つか)わなくてはなりません。

印刷機(いんさつき)は15(ねん)から20(ねん)使(つか)います。

このページの先頭へ

Q9.休憩(きゅうけい)時間(じかん)(なに)をしているのですか?

A9.

工場(こうじょう)では、注文(ちゅうもん)された部数(ぶすう)()()配達(はいたつ)するトラックを()める仕事(しごと)や、(はん)(つく)仕事(しごと)印刷(いんさつ)する仕事(しごと)など、いろいろな職場(しょくば)()かれて仕事(しごと)をしています。

休憩(きゅうけい)時間(じかん)仕事(しごと)(ちが)いによって(すこ)しずつズレているので、全員(ぜんいん)一緒(いっしょ)には休憩(きゅうけい)できません。

休憩(きゅうけい)時間(じかん)のすごし(かた)については(ひと)によってそれぞれ(ちが)います。

テレビを見てリラックスする(ひと)新聞(しんぶん)()んでいる(ひと)仕事(しごと)にそなえて身体(からだ)(やす)めている人、これからの仕事(しごと)(すす)(かた)(かんが)えている(ひと)などさまざまです。

このページの先頭へ

Q10.(なに)(かんが)えながら仕事(しごと)をしていますか?

A10.

新聞(しんぶん)役目(やくめ)はいろいろなニュースをわかりやすく、みなさんに(つた)えることです。

作業風景

工場(こうじょう)ではみなさんのお(たく)何時(なんじ)新聞(しんぶん)(とど)ければよいかという計画(けいかく)(つく)り、()められた時間内(じかんない)印刷(いんさつ)して、(みな)さんに(よろこ)んでもらえるように綺麗(きれい)新聞(しんぶん)(はや)(とど)ける(こと)をいつも(かんが)えています。

印刷(いんさつ)仕事(しごと)はたいへん(おお)きな機械(きかい)(印刷機(いんさつき))を運転(うんてん)しますので、3(にん)でチームを()んで怪我(けが)やミスがないように注意(ちゅうい)しながら仕事(しごと)をしています。

このページの先頭へ

Q11.(りん)転機(てんき)時速(じそく)は40キロということですが、もっと(はやく)できますか?

A11.

印刷機(いんさつき)最高(さいこう)速度(そくど)時速(じそく)にすると49.14km.で、このスピードだと、40(ぺーじ)新聞(しんぶん)を1秒間(びょうかん)(やく)25()、1時間(じかん)に9万部(まんぶ)印刷(いんさつ)ができます。

最近(さいきん)輪転機(りんてんき)印刷(いんさつ)速度(そくど)(はや)くできるよういろいろ工夫(くふう)がされています。

なかでも振動(しんどう)騒音(そうおん)(すく)なくするために輪転機(りんてんき)どうしをつなぐシャフトをなくし、それぞれがモーターをもっていて印刷(いんさつ)開始(かいし)されると(おなじ)スピードで(まわる)シャフトレス方式(ほうしき)がだんだん(おおく)なってきました。

時速(じそく)49.14km(18万部(まんぶ)/())を新聞(しんぶん)用紙(ようし)使(つか)(りょう)から()てみましょう!

一晩(ひとばん)に1セットあたり朝刊(ちょうかん)40(ぺーじ)新聞(しんぶん)(やく)15万部(まんぶ)印刷(いんさつ)しています。

輪転機

使(つか)(かみ)(りょう)(はば)1626mm(新聞(しんぶん)4頁幅(ぺーじはば)印刷(いんさつ)用紙(ようし)を30(ほん)使(つか)います。

(なが)さにすると409.5kmにもなり日本一(にほんいち)(なが)信濃(しなの)(がわ)の360kmより50kmも(なが)くなります。

(おも)さは28.65tで体重(たいじゅう)284kgの元大関(もとおおぜき)小錦(こにしき)八十吉(やそきち)」さん100人分(にんぶん)です。

面積(めんせき)は655,847m²で東京(とうきょう)ドームの14個分(こぶん)、サッカー(じょう)109面分(めんぶん)にもなります。

このページの先頭へ

Q12.1(にち)にインクをどのくらい使(つか)いますか?

A12. 子供

新聞(しんぶん)は4(しょく)のインキを使(つか)って新聞(しんぶん)印刷(いんさつ)しています。

カラー紙面(しめん)印刷(いんさつ)する(とき)は、(すみ)((くろ))→シアン((あお))→マゼンタ((あか))→イエロー(())の順番(じゅんばん)に4種類(しゅるい)(いろ)インキを(かさ)ねていきます。

4種類(しゅるい)のインキの合計(ごうけい)1日(1にち)平均(へいきん)して(やく)2,500kg。200kgのドラム(かん)にすると13本分(ほんぶん)になり、1ヶ(かげつ)では388(ほん)にもなります。

新聞(しんぶん)インキの原料(げんりょう)について、鉱物油(こうぶつゆ)(もの)から、環境(かんきょう)にやさしい大豆油(だいずゆ)中心(ちゅうしん)としたインキに変更(へんこう)しました。

このページの先頭へ

Q13.印刷(いんさつ)(とき)(かみ)(やぶ)れないのですか?

A13.

印刷(いんさつ)のときに(かみ)(やぶ)れることはあります。

(かみ)(みず)()れると(やぶ)れやすく、(かわ)いているときは(やぶ)れにくい性質(せいしつ)があります。

また、()()ぐに()()(ちから)には(つよ)く、(なな)めに()()(ちから)には(よわ)いものです。

紙

(みな)さんも(ため)してみてください。

AP(エイピー)新聞(しんぶん)印刷(いんさつ)方式(ほうしき)(みず)とインキで印刷(いんさつ)するオフセット印刷(いんさつ)のためインキ(りょう)(やく)2(ばい)(みず)使(つか)っています。

しかし、(みず)を多く()しすぎると()れてしまうことがありますので印刷中(いんさつちゅう)(かみ)()()(ちから)水量(すいりょう)調整(ちょうせい)には注意(ちゅうい)(はら)っています。

このページの先頭へ

Q14.新聞(しんぶん)用紙(ようし)はすごく(おお)きいですね。(おも)さは?
(おお)きな(まる)用紙(ようし)一本(いっぽん)でどのくらい新聞(しんぶん)ができるのですか?
また、なぜ種類(しゅるい)の用紙を使(つかう)うのですか?

A14. 巻取紙

新聞(しんぶん)用紙(ようし)のことを、巻取紙(まきとりし)といいます。

3種類(しゅるい)巻取紙(まきとりし)使(つか)いますが、一番(いちばん)(おお)きいものは、A(まき)()って、(おも)さが955kgもあります。

(はば)は1626mmで、新聞紙(しんぶんし)(はば)4ページ(ぶん)あります。

直径(ちょっけい)1.05m、(なが)さは13.65kmあり、A(まき)1(ぽん)で、20万頁(まんぺーじ)印刷(いんさつ)できます。

40(ぺーじ)新聞(しんぶん)なら、5,000()印刷(いんさつ)できます。

それを1(にち)(やく)120(ほん)使(つか)います。

新聞(しんぶん)用紙(ようし)は3種類(しゅるい)あり、新聞(しんぶん)2頁幅(ぺーじはば)(D(まき))と3頁幅(ぺーじはば)(C(まき))と4頁幅(ぺーじはば)(A(まき))です。

新聞(しんぶん)頁数(ぺーじすう)朝刊(ちょうかん)夕刊(ゆうかん)(ちが)い、また日々(ひび)()わります。

2の倍数(ばいすう)(ぺーじ)ならば(なん)(ぺーじ)新聞(しんぶん)でも印刷(いんさつ)できるよう、3種類(しゅるい)用紙(ようし)(くみ)()わせて使(つか)うのです。

新聞(しんぶん)用紙(ようし)の60~100%(ぱーせんと)古新聞(ふるしんぶん)などを再生(さいせい)した古紙(こし)(ふく)まれています。

みなさんの家庭(かてい)()(わった)わった新聞(しんぶん)回収(かいしゅう)して、また(あたら)しい新聞(しんぶん)用紙(ようし)再生(さいせい)するのです。

このページの先頭へ

Q15.新聞(しんぶん)用紙(ようし)(はこぶ)ロボットはなぜ、正確(せいかく)ける(うごける)のですか?

A15.

新聞(しんぶん)用紙(ようし)(はこぶ)ロボットのことを、英語(えいご)Automatic(オートマティック)Guided(ガイデッド)Vehicle(ビークル)=の頭文字(かしらもじ)からAGV(エージーヴィ)、と()んでいます。

AGV

レールやガイド(みぞ)がなくても、正確(せいかく)(うご)けるのは不思議(ふしぎ)ですね。なぜでしょう。

たねあかしをすると、輪転機(りんてんき)のまわりや、巻取紙(まきとりかみ)()()ける場所(ばしょ)などAGV(エージーヴィ)(うごく)ところの床下(ゆかした)道案内(みちあんない)役割(やくわり)をする(ほそ)導線(どうせん)()()まれています。

行先(いきさき)(おし)えられると、AGV(エージーヴィ)(した)()()けられたアンテナが導線(どうせん)位置(いち)()()って、真上(まうえ)(うご)きます。

こうして、レールやガイド(みぞ)がなくても正確(せいかく)(うご)けるのです。

(しょう)スペース(むき)ADS(エーディーエス)()ばれる小型(こがた)のものもあります。

このページの先頭へ

Q16.なぜ夕刊(ゆうかん)に2、3、4(ぱん)はあるのに、1(ぱん)はないのですか
(はん)ってなんですか?

A16. 子供

日本(にほん)(おお)きな新聞社(しんぶんしゃ)発行(はっこう)している新聞(しんぶん)上部(じょうぶ)には「3(ぱん)」とか「12(はん)」といった数字(すうじ)印刷(いんさつ)されています。

これが新聞(しんぶん)(はん)(しめ)数字(すうじ)です。

新聞(しんぶん)工場(こうじょう)から(とお)いところにも(ちか)いところにも(はこ)ばれていきます。

(とお)いところまで(はこ)ぶには時間(じかん)がかかりますから、(とお)いところに(はこ)新聞(しんぶん)(はや)印刷(いんさつ)しなければ、配達(はいたつ)時間(じかん)()()いません。

そこで印刷(いんさつ)時間(じかん)によって「(はん)」を()めるのです。

朝日(あさひ)新聞(しんぶん)東京(とうきょう)本社(ほんしゃ)発行(はっこう)夕刊(ゆうかん)()うと2(はん)、3(ぱん)、4(ぱん)がありますが、2(はん)静岡県(しずおかけん)北関東(きたかんとう)(くば)られます。

3(ぱん)東京(とうきょう)近郊(きんこう)、4(ぱん)都心(としん)横浜(よこはま)市内(しない)(くば)られます。

また夕刊(ゆうかん)2(はん)朝刊(ちょうかん)12(はん)、3(ぱん)と13(ぱん)、4(ぱん)と14(ぱん)配達(はいたつ)される地域(ちいき)(おな)じです。

1(ぱん)のことですが、朝日(あさひ)新聞(しんぶん)には1982(ねん)3(がつ)までは1(ぱん)がありました。

しかし、夕刊(ゆうかん)朝刊(ちょうかん)合体(がったい)した新聞(しんぶん)(=統合版(とうごうばん)(さんかく)マーク)が印刷(いんさつ)されることになり夕刊(ゆうかん)1(ぱん)朝刊(ちょうかん)11(ぱん)合体(がったい)し、統合版(とうごうばん)朝刊(ちょうかん)11(ぱん)として配達(はいたつ)されるようになったのです。

こうして夕刊(ゆうかん)1(ぱん)はなくなり、2、3、4(ぱん)(のこ)っているのです。

このページの先頭へ

Q17.1(だい)のトラックに新聞(しんぶん)何部(なんぶ)()めるのですか?

A17. トラック

使用(しよう)しているトラックの種類(しゅるい)は4トン(しゃ)と2トン(しゃ)の2種類(しゅるい)です。4トン(しゃ)工場(こうじょう)から(とお)地域(ちいき)配達(はいたつ)される新聞(しんぶん)(はこ)んでいきます。

(くば)範囲(はんい)(ひろ)くなるので、朝日(あさひ)新聞(しんぶん)だけではなく(ほか)新聞(しんぶん)一緒(いっしょ)()んでいきます。

このトラックは最大(さいだい)で40(ぺーじ)新聞(しんぶん)を21,000()(つむ)ことができます。

2トン(しゃ)(ちい)さい(くるま)特徴(とくちょう)()かしてすばやく、(みじか)時間(じかん)(ちか)地域(ちいき)配達(はいたつ)しています。

最大(さいだい)で40(ぺーじ)新聞(しんぶん)を10,500()()むことができますが手分(てわ)けして短時間(たんじかん)(くば)らなければいけないため、普通(ふつう)はここまで()みません。

(わたし)たちの会社(かいしゃ)では環境(かんきょう)問題(もんだい)積極的(せっきょくてき)()()んでいます。

運送(うんそう)会社(がいしゃ)運転手(うんてんしゅ)さんの協力(きょうりょく)()てアイドリングストップやディーゼル(しゃ)排気(はいき)ガス(がす)対策(たいさく)低公害車(ていこうがいしゃ)積極的(せっきょくてき)導入(どうにゅう)(ちから)(いれて)います。

このページの先頭へ
お問い合わせ(本社) お問い合わせフォーム アクセスMAPはこちら
このページの先頭へ