新聞印刷工場見学

新聞印刷工場見学

新聞印刷拠点・世田谷生産技術実験所

世田谷生産技術実験所長 松江 均

世田谷生産技術実験所長 松江 均

地域の皆さまと共に40年、開かれた実験所

世田谷生産技術実験所は、世田谷区の閑静な住宅地にあります。希望が丘団地に隣接した1万m²の敷地に建てられた白い建物は、樹木に囲まれ落ち着いたたたずまいを醸し出しています。駅からのアクセスは小田急線の千歳船橋または経堂、京王線の八幡山からとなり、徒歩ですと20~30分かかりますが、いずれの駅からも路線バスがでていますのでバスをご利用の際は「朝日新聞社前」で下車して下さい。

実験所は1972年11月に新聞印刷の新しい技術を研究する施設としてスタートし、2012年秋に40周年を迎えました。現在は都内有数の基幹工場として朝刊47万部・夕刊15万部を生産しています。住宅地にある事業所として環境問題にも取り組み、CO2排出量の削減や省資源、廃棄物のリサイクルなど「環境にやさしい事業所」を目指しています。

実験所は小学校の社会科見学コースとして人気が高く、毎年多くの小学生が訪れていますが、中高生や一般の方の見学も可能です。近くには世田谷文学館、「食と農」の博物館(東京農大)、JRA馬事公苑、世田谷美術館など見所も多くあります。大型観光バスや自家用車でのご来場にも対応していますので、皆さん是非、見学にお越し下さい。従業員一同お待ちしております。

また、毎年4月中下旬、敷地内のつつじが満開になる時期にあわせ「つつじ祭り」を開催しています。地域の皆さんとの懇親を目的とし、誰でも気楽に参加できるお祭りですので皆さん是非、遊びにいらして下さい。

このページの先頭へ

世田谷生産技術実験所へのアクセスはこちら

お問い合わせ(本社) お問い合わせフォーム アクセスMAPはこちら
このページの先頭へ