採用情報

採用情報

先輩社員の声

篠原 正一郎

機械・設備のエキスパートとして保守や保全担う

技術担当のミッションは、輪転機をはじめとする生産設備を安定稼働させるために、保守・保全を行うことです。

トラブルの状況によっては、新聞印刷ができなくなることもあるため、計画に沿って稼働していない機器をメンテナンス。常に機器が良い状態を保てるよう心がけています。しかし、突発的な故障は避けられません。そんなときは、トラブルの影響を最小限でおさえられるよう対処します。上手くいったときは達成感があり、周りからも感謝されるため、やりがいを感じます。

担当するのは生産設備だけではありません。川崎工場では、受変電設備や空調などのエネルギー関連、消防設備など、建物の設備全般も守備範囲。業務領域がとても広く、日々新たな発見があります。機械、電気の枠を超えて学ぶことが多いため、仕事慣れや飽きてしまうことがありません。仕事を通して成長できる環境だと感じています。

現在、川崎工場は生産設備の更新工事プロジェクトが進んでおり、今後約2年かけて新しい輪転機の更新工事を予定しています。そのため、設備メーカーや朝日新聞社の更新チームと密に連絡を取り合って、仕様の確認や要望を提案しています。物事に対する好奇心を大切にしながら、このプロジェクトの中心となり、有意義な設備更新を行っていきたいと思います。

お問い合わせ(本社) お問い合わせフォーム アクセスMAPはこちら
このページの先頭へ