採用情報

採用情報

若手社員の声

岩本 裕行

肝心なのは失敗の原因追及と対策

AP阪神工場 技術グループ 岩本 裕行(2005年入社)

仕事の内容

私の職場は技術グループで主に故障した機械の修理などを行っています。 我々は決められた時間までに新聞の印刷をしなければなりませんが機械の調子が悪く品質が低下することや、最悪の場合新聞の印刷ができないということもあります。 そんな時、限られた時間の中で故障の原因を突き止め素早い対応が求められます。 そのためには普段から機械の仕組みや制御などをよく知ることが必要です。

失敗例

印刷中に機械が不調になり原因がなかなか見つけられず工程を大きく遅らせてしまった事や機械の制御の一部を改善しようと変更したが思うような動作をしなかった事などがあります。知識や経験が少ない時は多少の失敗はありますが肝心なのは失敗の原因追究と対策をしっかりして同じ失敗は2度としないことです。

やりがいを感じたとき

機械が不調の原因がなかなかわからない時に自分が原因を見つけて復旧できた時や自分がメインで担当した仕事が評価された時などにやりがいを感じました。

入社後の生活

仕事のスケジュールは主に夕方から出勤して朝刊刷了まで働きその後仮眠して翌日朝から仕事をして夕方に終わるというのが一つのサイクルです。 土日が仕事の時もありますが平日が休みの時もあり予定がある時は休みを申し込めば休めるので慣れてくるとカレンダー通りの勤務より快適になります。 2010年に東京、大阪、九州のプリンテック3社が合併し全国各地へ転勤もあります。新しい土地に行くことは仕事、プライベート共にいい経験になります。

お問い合わせ(本社) お問い合わせフォーム アクセスMAPはこちら
このページの先頭へ